Shopifyアプリ

Shopifyで会員の月額費、年会費を管理方法!アプリで有料のサイトは作れるのか?

Shopifyのショップで月額の会費と年会費を管理したい!

という人もいれば

Shopifyで有料の会員サイトを作りたい!

という人もいるかと思います。

この記事ではそんな2種類のお悩みを解決する方法をお伝えしていければと思います。

年会費と月額費を手間を減らしてどう管理すればいいのか?

専門の業者さんにお願いすることなくShopifyでの会員サイトはどう作ればいいのか?

気になる方はぜひ一読していただければと思います。

 

Shopifyで月額会員の料金が管理できるアプリとは?

月額制のサービスを提供しているけど、会費の管理が大変…

と思われている方、おすすめの方法があります。

どんな方法かというと、Shopify×定期購入アプリのMikawayaの導入。

Shopifyはeコマース用のプラットフォーム、お客様からのお支払いを管理できるカートの機能がついています。

そしてMikawayaはShopifyで定期購入を可能にするアプリで、お客様から自動で毎月の引き落としを可能にします。

じゃあそのMikawayaをどう設定すればいいのか?

そのあたりを解説していきます。

 

Mikawayaの二段階割引機能を用いての月額会員管理

Mikawayaは日本製のショッピファイアプリ。

多くのアプリの操作画面は英語のなか、日本語で操作ができるのが大きな特徴です。

そして操作もとてもシンプル。

たとえば、下記の条件で月額の会員を管理したいとします。

  • 年会費10,000円
  • 月額費1,000円

こういった条件ではMikawayaを下記のように設定すればOK

  • 商品管理の商品登録で金額を10,000円
  • サブスクリプショングループ設定で割引を初回0%OFF、2回目を90%OFF

Mikawaya2段階割引の設定画面

 

※月額費、年会費の場合「サブスクリプションのみを表示」の設定も必須です。

以上の設定をするだけでOKです。

 

日本製ショッピファイアプリで月額会員が管理できるものは?

他にも日本製のサブスクがアプリがありそう。それでは上記のことはできないの?

今のところ不可能だと思われます。

※2021年7月の時点での話です。

 

例えば同じ日本語対応のショッピファイアプリ、定期購買。

こちらも2段階で割引設定が可能なではあります。

ベースの割引額に対して、初回をそこからさらに何%割り引くのかの設定をすることが可能。

この形式では先にご紹介した、

  • 年会費10,000円
  • 月額費1,000円

といったような料金体系で運営していくことは難しいと思われます。

定期購買の割引設定画面

 

他の日本製サブスクアプリで有名なものはNocod Subscription。

こちらは残念ながら2段階での割引が不可。

月額、年額で分けるような料金設定は組みづらいと思います。

 

上記のような話から、

Shopifyで月額会員様の料金を管理したい@日本!

という方にはMikawayaがおすすめ。

ぜひインストールして、下記のURLに記載されている内容を確認しつつ設定してみていただければと思います。

参考Shopifyの定期購入アプリMikawayaとは?→ショッピファイでサブスクが可能に!

「Shopifyのサブスクアプリどれにしよう?」 という方、少しお時間を作ってこの記事をぜひ読んでみてください。 ショッピファイでサブスクをやるにはアプリが必要。 そしてサブスクのアプリも様々なものが ...

続きを見る

※Shopifyでショップにログインしている状態であれば、Mikawayaをこちらから直接ダウンロードできます。→https://apps.shopify.com/mikawaya?locale=ja

ショッピファイで会員サイトは作成できるか?

Shopify有料会員向けのサイトを作りたい…

そんなことを思っている方に向けてこの項目を書いていきます。

 

特定のユーザーのみが閲覧できる商品ページだったり、ブログの記事を備えたショップ。

お客様に特別感を与えられ、売り上げアップにつながる可能性も大いにあると思います。

Shopifyではそんなことも期待できる会員サイトの作成も可能です。

 

Shopifyのアプリケーションを使えば作り方もとてもシンプル。

有名なものがBold Memberships。

今回はこのBold membershipsについて簡単に説明をしてきます。

 

Bold Membershipsの特徴

Bold membershipsを使うとShopifyデフォルトの機能には無い、会員プランを作成できます。

この会員プランによって閲覧できるページなどの設定が可能になります。

メンバーシップごとの料金設定では

  • 金額
  • 周期

などを設定することができます。

 

設定はコードを手動で記載する必要があり、少しハードルが高く感じるかもしれません。

が、Bold社にインストール作業を依頼することができるようです。

こちらを利用するのも一つの手かと思います。

 

Bold Membershipsの利用料金

Bold membershipsの利用料金は月額$9.99。

無料のお試し期間も14日間用意されています。

無料期間を利用して、どんなサイトが作れるのかチェックしてみるのもいいのではないでしょうか。

 

まとめ

今回はShopifyでの

  • Mikawayaの二段階割引機能を用いての月額会費管理のやり方
  • Bold Membershipsを用いての会員サイトの作成方法

といったものを簡単にご紹介させていただきました。

どちらも一から構築しようとすると膨大な手間と費用がかかる内容かと思います。

ですが今回紹介したアプリを利用することで比較的簡単に対応することができるのではないでしょうか。

ご自分のビジネスに活かせそうな方、ぜひすぐにトライしていただければと思います。

 

※今回ご紹介したMikawayaのことがさらに知りたい方は次の記事を参照してください。

参考Shopifyの定期購入アプリMikawayaとは?→ショッピファイでサブスクが可能に!

「Shopifyのサブスクアプリどれにしよう?」 という方、少しお時間を作ってこの記事をぜひ読んでみてください。 ショッピファイでサブスクをやるにはアプリが必要。 そしてサブスクのアプリも様々なものが ...

続きを見る

※Shopifyでショップにログインしている状態であれば、Mikawayaをこちらから直接ダウンロードできます。→https://apps.shopify.com/mikawaya?locale=ja

 

今回の内容は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-Shopifyアプリ
-,

© 2020 株式会社フロアスタンダード