Shopifyアプリ

【裏技】Shopifyでサブスク+送料無料。アプリを二つ使えば可能!

定期購入での物販、お客さんはどんなサービスあると嬉しいでしょうか?

嬉しいことの一つが送料無料ではないでしょうか。

が、Shopifyでショップを作っていると、デフォルトの機能だけでは同一SKUでサブスクと単品購入の送料を分けるのが難しかったりします。

今回はShopifyアプリの、

今回使うアプリ

  • MIkawaya subscription
  • Shipping Rates by Parcelify

この二つを用いてサブスクリプションのみにたいして送料無料にする方法を解説していきます。

興味が少しでもある方はぜひ一読してみてください。

今回使用するアプリ

まず今回使用するアプリの概要を簡単にお伝えします。

インストール先のリンクも載せます。

作業をしながら確認をしたい方は事前にこの二つのアプリをインストールしてください。

 

Mikawaya subscription

弊社が開発したサブスク用のアプリです。

定期通販ができるようになる機能はもちろん、LTVを上げるための各種機能を取り揃えております。

インストールはこちら

 

Shipping Rates by Parcelify

インストールはこちら

このアプリは郵便番号だったり、重さ、SKUなどの細かい条件で送料を分ける機能があります。

今回はこちらのアプリとMikawayaのサブスクに対しての割引機能の合わせ技で送料を区分けしていきます。

※このアプリ、使い方の概要はこちらの記事に記載いたしました。

参考【楽っ!】Shopifyの配送アプリおすすめ3選!地域別、日付指定、料金設定までOK!

配送料金や配送方法。 これはECサイトを運営していく中で、利益を左右するとても重要なもの。 今回はShopifyでの 今回お伝えする内容 配送料の設定方法 Shopifyの配送方法 アプリを使っての機 ...

続きを見る

 

サブスク×送料無料の設定方法

サブスクのみ送料無料に設定する方法をご紹介していきます。

以下の3つのケースで順を追って説明いたします。

  • ショップに商品が一つのみでサブスク、単品購入で送料を分ける
  • ショップにサブスクができる商品が一つ、単品購入しかできない商品が一つで送料を分ける
  • 異なる金額のサブスクができる商品が二種類、単品購入しかできない商品が一つ

 

Parcelifyの基本的な設定方法

まずはShopifyの設定、配送と配達でParcelifyの送料が反映されるように設定します。

shopifyの配送料金をParcelifyに設定

 

Parcelifyを何も設定していないとチェックアウトの時、下記のように表示されてしまいます。

Parcelifyの設定をしないと配達できない

なのでアプリ管理、Parcelifyにて送料の設定をします。

Parcelifyの配達範囲選択画面

配達できる範囲はShopifyデフォルトの設定と同じ感覚でできます。

Add shipping ratesをクリックすることで送料の設定が可能です。

ここでは全ての商品に一律1000円かかるように設定しました。

Add shipping ratesのタイトル編集画面

 

Add shipping ratesの料金設定画面

 

この操作をすることで送料が適用されるようになります。

上記の操作で設定した送料が適用された状態

 

サブスクと単品購入で送料を分ける(ショップに1商品のみの時)

次のようなシチュエーションでの送料設定方法を解説します。

  • ショップには1商品しかない
  • その商品はサブスクと単品購入両方できる
  • サブスクでは割引が適用される
  • 単品購入では送料がかかる
  • サブスクでは送料が無料

※滅多にないシチュエーションかもしれませんが、Parcelifyの設定方法を覚えるために一読してみてください。

 

今回例として使用する商品

 

サブスクのみ無料にするには商品の値段をトリガーにして仕分けをします。

※定期購入で割引をしない場合、今回ご紹介する方法は使えません。

※割引はMikawayaの機能を使っています。

Mikawayaの割引設定画面

今回の商品は

  • 単品購入だと1000円+税+送料1000円
  • サブスク購入だと800円+税+送料0円

この条件をParcelifyに入力していきます。

ここでポイントなのがParcelifyのShipping rateに二つの条件を入れること。

ParcelifyのShipping rateは「New Shipping rate」を押すことで条件を増やしていけます。

Parcelifyの配送料金は複数の条件を設定できる。

今回やることはシンプル。

  • 1000円以上の商品は送料1000円
  • 800円(+税)以下の商品は送料が無料

と設定すればOKです。

Shipping rateを追加したらまずは料金の範囲を指定。

料金の範囲で送料を仕分けられる

 

そして金額もそれぞれ設定すればOKです。

金額もそれぞれ設定ができる。

 

以上の操作を終えるとサブスク、単品購入で送料が仕分けられていると思います。

1000円以上に設定した送料が適用された

 

サブスクの金額に合わせた送料(無料)が適用された

 

以上のやり方でサブスク、単品購入の送料を仕分けることが可能です。

 

ショップにサブスク以外の商品もある時の設定

前述の内容に加え、

  • ショップには単品購入のみの商品もある
  • その商品はサブスク適用後の値段よりも安い

といったケースでの設定方法を解説します。

 

ショップに前述の商品に加え、サブスク適用後の同金額の商品がある

 

この場合はParcelifyのSKUの設定を活用し、以下の3つの送料を設定する必要があります。

  • 単品購入の送料
  • サブスク可能商品で単品購入の送料
  • サブスク可能商品でサブスク購入の送料

 

サブスクが適用されない商品はSKUの設定で「SKU is not」にてサブスク可能商品をはじきます。

SKU is notでサブスク可能商品のSKUを入れる。

 

※これをやらないとサブスク可能商品で二つの送料が表示されます。

SKU is notを設定しない場合の表示

 

サブスク商品の送料2種類は「SKU is」にて該当商品の SKUを入力してあげればOKです。

前述のサブスク、単品購入の仕分け+SKUの設定

 

上記の操作をすることでサブスク以外の商品に一律の送料をかけることが可能です。

サブスク以外の商品にかかる送料が適用された

 

異なる金額のサブスク商品が2種類ある時の設定

サブスクか通常購入かを選べる商品が複数あるケースも多いかと思います。

そして値段が異なることもまた多いかと思います。

そんな時は、

  • サブスク商品の分だけ送料あり、送料無料の条件を作成
  • サブスク商品はSKUで区別をしていく
  • 単品購入の送料設定に「SKU is not」を追加していく

といった作業をしていくと対応させることができます。

例えば前述までのものに「通常購入2000円」「定期購入で買うと200円」「SKUがC003」の商品を加えるとします。

この商品に対して送料あり、なしの設定を作成します。

送料の条件を追加し、該当するSKUを入力します。

料金の設定はここまでやってきた要領です。

通常購入のみの商品ではSKU is notを適用します。

カンマで区切ることで複数の条件を設定ができます。

以上のことをやると複数の種類サブスク可能商品があっても対応させることが可能です。

 

サブスク×送料無料まとめ

割引は絶対に必要になってしまうやり方ですが、上記の内容を実施すれば「サブスクのみ送料無料」といったことがShopifyでも実現可能になるかと思います。

余談ですが「二回目以降の割引金額が異なる」といったような場合は、金額を両方の割引条件を満たすように設定すればOKです。

※ちなみにMikawaya subscriptionでは回数別の割引が簡単に設定できたりします。

 

Mikawaya subscriptionの詳細はこちら↓

参考Shopifyの定期購入アプリMikawayaとは?→ショッピファイでサブスクが可能に!

「Shopifyのサブスクアプリどれにしよう?」 という方、少しお時間を作ってこの記事をぜひ読んでみてください。 ショッピファイでサブスクをやるにはアプリが必要。 そしてサブスクのアプリも様々なものが ...

続きを見る

今回の内容は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-Shopifyアプリ

© 2020 株式会社フロアスタンダード