Shopifyアプリ

【定期購入】Shopify×チョコレートのサブスクリプション導入事例

リピート顧客から定期購入(サブスク)のご要望があった!
Shopifyでストア運営しているが定期購入(サブスク)はどう導入したら良いの?

ストア運営をしていると上記のようなお悩みも発生するかと思います。

今回はそのような方にオススメの記事となっております。

・Shopify×サブスク事例(チョコレートストア3つ)の紹介
・サブスクを導入するための方法について
・Shopifyサブスクアプリ「Mikawaya Subscription」の紹介

上記3項目に分けてご説明いたします。是非、最後までご覧くださいませ。

 

Shopify定期購入(サブスク)の導入事例

ひとくち -HITOKUCHI- CHOCOLATE

 

画像引用元:https://hitokuchi.co.jp/

ひとくち -HITOKUCHI- CHOCOLATEは、”高級チョコレートを日常に”をコンセプトとしたチョコレート販売を行っているストアです。

普段の暮らしで上質なチョコレートを楽しんでもらえるよう、レシピ/パッケージ/価格...等全てストア側で考えられているそうです。幅広い年代や様々なシチュエーションに合わせた多様なチョコレートが販売されております。

普段の暮らしのちょっとした楽しみとして食べてもらいたいというストアの思いもあり、定期便コースも用意されています。

【定期便の特徴】
・送料無料
・配送間隔は「1ヶ月(毎月)」のみ
・定期便は最大20%割引
・定期便プランは3つから選択可能
・お客様マイページでスキップ/キャンセルなどがいつでも可能

 

 

Dandelion Chocolate

画像引用元:https://dandelionchocolate.jp/

Dandelion Chocolateは、ガトーショコラ/ムース/カヌレ/プリン等の幅広いチョコレート菓子を販売しているストアです。カカオ豆の選定、買い付け、焙煎、テンパリング、成形、包装といったチョコレートを作る全工程を自分たちの工場で行っているそうです。

カカオ豆は生産地や収穫年の気候や作り手によって味わいや香りが変わるため、新しい豆が届いたら、焙煎の条件を変えながら何度もテイスティングを繰り返し納得のいくものができて初めてお客様にお届けするというこだわりを持っているそうです。

定期便コースでは毎月お届けする商品が異なる「頒布会制度」と呼ばれているサブスクリプション販売を導入しております。

【定期便の特徴】
・配送間隔は「1ヶ月(毎月)」のみ
・定期便コースでしか味わえない限定チョコレート
・毎月15日までの手続きでスキップ/解約が可能
・初回購入時に「特典:テイスティングキット」が届く
・1回受け取りも可能(購入回数縛りなし)

 

Minimal

 

画像引用元:https://mini-mal.tokyo/

Minimalは、板チョコレート/生ガトーショコラなどのチョコレート菓子をメインに洋菓子を販売を行っているストアです。

国際品評会で6年連続・合計69賞を受賞中ということもあり多くのお客様から支持されています。また、販売されているチョコレートの原料は「カカオ豆」と「砂糖」のみで、カカオ豆の仕入れからチョコレートづくりまでの全ての工程を自社工房で職人達が手仕事で行っているとのことです。

Minimalでは毎月異なる商品が届く「頒布会制度」を導入しております。通常販売開始後すぐに売り切れてしまう商品や限定品も、サブスクで楽しむことができます。毎月どのような商品が届けられるのかは事前にサイトなどで確認が可能です。

【定期便の特徴】
・送料無料
・配送間隔は「1ヶ月(毎月)」のみ
・スキップ/解約はお客様マイページで可能(送料無料などの特典は3回以上のお届けを前提としているので3回以上の継続が基本)
・限定チョコレート/スイーツが味わえる
・2回目以降の決済は毎月20日に行われクレジットカード決済のみ

 

Shopify×チョコレート定期便事例まとめ
サブスクアプリMikawayaとは?

今回紹介した商材のように、職人が作った美味しいチョコレートなどを定期的に味わえるのは、定期便(サブスク)サービスの大きな特徴になると思われます。実際店舗に買いに行くことで職人が作った美味しいチョコレートを購入することは可能ですが、毎回買いに行くのは大変ですよね。

そこでストアに定期便(サブスク)を導入することにより、お客様側は毎回買いに行く手間を省くことができます。そしてストア側も顧客管理がしやすくなり、継続的な収益が見込めるようになります。

定期便(サブスク)の導入を迷っているストアはShopifyサブスクアプリ「Mikawaya Subscription」のライトプランを利用してみてはいかがでしょうか。

Mikawaya Subscriptionとは?

Shopifyではサブスク機能を実装できるアプリがいくつかあります。例えば、Bold Subscriptions、paywhirl、定期購買、Nocode Subscriptionなどなど。

その内の1つが「Mikawaya Subscription」というアプリです。

今回は先日リリースされた「Mikawaya Subscription」の新機能を1部ご紹介します。

 

バリエーション変更機能

Shopify商品管理でバリエーションを設定している場合、お客様マイページ上でバリエーション内のみで変更することが出来る機能です。

【例】
Shopify商品管理でバリエーションを3つ設定(1食目/2食目/3食目)

▼商品ページ

▼お客様マイページ

上記のように、3食分好きな商品を選べる(自由に変更)できるようになります。

商品価格やMikawayaアプリで設定している割引もそのまま引き継がれます。

定期便(サブスク)は毎回同じ商品が届くことで
・飽きた
・商品が余ってしまう
・解約したい
といったお声が多々発生してしまう現実があります。

しかしこちらの機能をご活用いただければお客様側で自由に商品パターン変更が可能になるので、解約阻止などにも繋がりやすくなります。

>>機能活用方法と詳細はこちら

 

決済情報ステータス状況のソート機能

アプリ管理画面上で「次回決済日」に加え、「解約」や「失敗」などのお客様ステータスをさらに絞り込めるようになりました。

定期便(サブスク)ではクレジットカードの決済が失敗したことをきっかけに顧客が離脱してしまうケースは少なくありません。

そういった場合はMikawayaアプリ>サブスクリプション>ステータスにて「失敗」を選んで頂くことでクレジットカード決済が失敗している顧客を絞り込むことができます。

そちらをご確認いただくことでお客様にすぐ連絡することが可能です。

その他にも下記の活用方法などがあります。
・一時停止になっている休眠顧客へのアタック
・アクティブ顧客を単月で絞って該当月の売上を予測
・アクティブ顧客の決済日変更

データの絞り込み要素が増えたことで検索しやすくなっております。

今回ご紹介した新機能2つともMikawaya Subscriptionのライトプラン(月額0$決済手数料3%)でご利用いただくことが可能です。

 

気になった方はこちらからアプリをインストールしてみてください!

その他の機能についてはヘルプページ機能詳細記事をご覧くださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-Shopifyアプリ
-, ,

© 2020 株式会社フロアスタンダード